【ウイクラ攻略】フォアチェック、セーフティー、サイドにしたときの守備特徴

守備戦術に関わる項目の組み合わせをすべて試して、それぞれの動きの特徴、動きの違いを確認する企画。

今回は「フォアチェック、セーフティー、サイド」にしたときの動きの特徴を確認します。

使用したシステム、戦術

システム:デフォルトの4-4-2

※ボランチはDMFにしています。

※プレースタイルで動きが変わらないようにプレースタイルは全て外しています。

戦術設定:守備の局面が増えるように「ディフェンスライン:低い」「守備人数:多い」、選手の動きがわかりやすいように「コンパクトネス:広い」にしています。

※コンパクトネス、フォーメーションによっても守備の印象は変わると思いますが、今回は「動きの違い」だけに焦点を当ててみます。

高い位置でのプレス

■リトリートのときには見れなかった敵陣エリアでプレスをするシーンです。


相手は3バックですのでパスは回されてしまいますが、圧力をかけるようなハイプレスをかけています。

■敵陣エリアで囲い込んでのプレスをするシーン。


リトリートと比較すると高い位置からプレスをかけるシーンが目立ちますね。

■センターライン付近でDMFとSMFが挟み込んでのボール奪取を狙うシーン。


引いて待ち受けることはなく、前へのプレスで奪う動きが特徴です。

ラインを上げたコンパクトな守備ブロック

■下げすぎないディフェンスラインと中盤ラインでコンパクトな守備ブロックを作ります。


4-4守備ブロックの網にかかった相手選手に寄せるシーンです。

■コンパクトにしたライン間での連動したプレス。


DMFが前に出て空いたスペースをCBが埋めるシーン。
リトリートのときはライン間の距離があって大きなスペースが空いてしまいましたが、フォアチェックではそれほどスペースを空けることなく連動した守備になっています。

■自陣エリアで囲い込んでの守備をするシーン。


ライン間の距離が狭くなることにより、囲い込みのプレスが決まりやすい印象です。

カウンターを受けたときもハイプレス

■カウンターを受けたときに敵陣エリアで奪いにいくDMF。


リトリートのときは撤退しているシーンです。

■センターバックが攻撃を遅らせているシーン。


この動きは「リトリート、セーフティー、サイド」のときと同じですね。

ハイプレスならではの危険なシーン

■高い位置でフリーの選手にパスが渡り、裏を狙われているシーン。


この試合では「ディフェンスライン:低い」にしていますが、フォアチェックの場合はこの位置までラインを上げています。

リトリートのときは裏を取られそうになるシーンはほとんどありませんでしたが、フォアチェックでは何度か危険なシーンがありました。

4-4守備ブロックの危険なシーン

■ディフェンスラインと中盤ラインの空いたスペースで間受けをされるシーン。


このスペースを使われた危険なシーンが何度かありました。

■間受けの選手にCBが前に出て寄せるシーン。


この場面では大丈夫でしたが、CBが前に出て空いたスペースをどうするかが課題です。

■3人の相手選手に間受けをされるシーン。

■CBが前に出ますが、かわされてディフェンスラインの裏にパスを通されるシーン。


相手選手がシュートを失敗したので助かりましたが、失点してもおかしくないシーンです。

フォアチェック、セーフティー、サイドの守備まとめ

今回の設定での特徴として

・敵陣エリアまでプレスをかける

・待ち受けるのではなく、奪いにいく守備

・自陣エリアにボールを運ばれてもラインを下げすぎない。

・ラインを下げすぎないのでディフェンスラインと中盤ラインの間をコンパクトにできる。

などがありました。

リトリート設定とは全く異なる動きをすることを改めて確認できましたね。

今回の戦術を使用した試合動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする