【ウイクラ攻略】フォアチェック、セーフティー、中央にしたときの守備特徴

守備戦術に関わる項目の組み合わせをすべて試して、それぞれの動きの特徴、動きの違いを確認する企画。

今回は「フォアチェック、セーフティー、追い込みエリア:中央」にしたときの動きの特徴を確認します。

使用したシステム、戦術

システム:デフォルトの4-4-2

※ボランチはDMFにしています。

※プレースタイルで動きが変わらないようにプレースタイルは全て外しています。

戦術設定:守備の局面が増えるように「ディフェンスライン:低い」「守備人数:多い」、選手の動きがわかりやすいように「コンパクトネス:広い」にしています。

※コンパクトネス、フォーメーションによっても守備の印象は変わると思いますが、今回は「動きの違い」だけに焦点を当ててみます。

積極的に奪いにいく守備

■敵陣エリアのボールホルダーにDMFがプレスをかけるシーン。


リトリートのときのような「受けて待つ場面」はほとんどなく、高い位置から奪いにいく守備が目立ちます。

■相手センターバックにプレスをかけるセンターフォワード。


リトリートのときは一度も見れなかったシーンです。
「フォアチェック、セーフティー、サイド」のときはディフェンスラインの手前で止まって圧力をかけるような守備でしたので「フォアチェック&中央」ならではの動きになるようです。

■相手陣内で失ったボールを即座に囲んで奪いにいくシーン。


この動きも「フォアチェック&中央」ならではの守備になりますね。
リトリートでしたら、近くの選手以外は撤退する動きになりました。

高い位置でハイプレスをかけるDMF

■攻撃から守備に切り替わったとき、相手陣内で積極的なボール奪取をみせるDMF。


ボールを奪われた後、高い位置からプレスをかける動きをします。
ボール奪取に成功すれば相手陣内に押し込んだままの連続攻撃が可能になります。

■高い位置にDMFがプレスにいくことによりスペースが空くシーン。


ボールホルダーにむけて積極的なプレスをする動きが多いということは、すなわちスペースが空きやすいともいえます。

高い位置でも奪いにいくセンターバック

■DMFが空けたスペースに侵入された相手選手にセンターバックが高い位置からプレスをかけるシーン。


中盤ラインとディフェンスラインの距離がコンパクトになっていますので、センターバックがつめる動きも効果的な印象です。

■相手FWにパスが入ったと同時にセンターバックがプレスをかけてボールを奪うシーン。


センターバックが空けたスペースをサイドバックが絞る動きでケアをしています。

一気に寄せるのでかわされることも多い守備

■相手陣内までプレスをかけたDMFがかわされるシーン。


「リトリート」「フォアチェック&サイド」のときは距離をとって「攻撃を遅らせる動き」がありましたが、今回の設定ではそのような動きはほとんど見られません。

躊躇せずにあたりにいく守備が多くなりますので、かわされるとスペースが空いていますのでピンチになります。

■センターバックの寄せをかわされてゴール前までドリブルで運ばれるシーン。


守備ブロックが揃う前でもセンターバックがあたりにいきますので、サイドバックの絞りがまったく追いついていませんでした。

理想なのは「センターバックがコースをきって攻撃を遅らせる」→「その間にディフェンスラインの横幅をつめる&中盤ラインも寄せる」ですね。

センターバックが前に釣り出される

■センターバックが前に出て、ボールホルダーに寄せながら引き付けられるシーン。


相手選手がボールを持って下がりながら横に移動するのですが、その間もセンターバックは寄せ続けています。結果的に空いたスペースを使われてゴールを奪われてしまいました。

今回の設定では「マンマーク気味」のマークし続ける動きが他でも見れました。

フォアチェック、セーフティー、中央の守備まとめ

■今回の設定での特徴

・待ち受ける守備はほとんどなく、躊躇せずにあたりにいく守備

・敵陣エリアでも、奪われた後は囲い込んでボールを奪いにいく守備

・高い位置からボールを奪いにいくハイプレス守備

・相手ディフェンスラインまでプレスをかける

・積極的な寄せが多いので4-4の守備ブロックは崩れがち

・一度あたりにいったら、マンマーク気味についていくことも多い

■他の設定との比較

同じフォアチェック、セーフティーの設定でも「サイド」のときとは動きの違いを感じました。

サイドのときは、一気に寄せるのではなく、距離をとって攻撃を遅らせる動きを含めて奪いにいったり、囲んだりする守備が多かったです。

でも、中央の設定では「すぐにあたりにいく動き」が多いため、高い位置で奪えることも増えたのですが、一気に寄せてかわされるシーンが目立ちました。

ディフェンスラインでその動きをすると致命的なピンチを招くことにもなります(今回の試合では失点しています)ので、他の戦術オプションの設定やシステムの変更(3バック、5バック)をするなどの調整が必要だと感じました。

今回の戦術を使用した試合動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする