【ウイクラ攻略】フォアチェック、アグレッシブ、中央にしたときの守備特徴

守備戦術に関わる項目の組み合わせをすべて試して、それぞれの動きの特徴、動きの違いを確認する企画。

今回は「フォアチェック、アグレッシブ、追い込みエリア:中央」にしたときの動きの特徴を確認します。

使用したシステム、戦術

システム:デフォルトの4-4-2

※ボランチはDMFにしています。

※プレースタイルで動きが変わらないようにプレースタイルは全て外しています。

戦術設定:守備の局面が増えるように「ディフェンスライン:低い」「守備人数:多い」、選手の動きがわかりやすいように「コンパクトネス:広い」にしています。

※コンパクトネス、フォーメーションによっても守備の印象は変わると思いますが、今回は「動きの違い」だけに焦点を当ててみます。

高い位置への積極的なプレス

■相手陣内のボールホルダーへDMF2名が迷わずに突進するようなプレスをするシーン。


この局面ではボールを奪うことが出来ませんでしたので、結果的には中盤に大きなスペースが空いてしまいました。

この設定の場合はライン設定を高めにする必要がありそうです。

■センターフォワードは相手ディフェンスライン、DMFはパス先の相手ボランチにプレスをかけるシーン。


ディフェンスラインまでプレスをかけるシーンが見れたのはフォアチェックの中央(セーフティー含む)だけでした。

※他の戦術オプション(ライン高いなど)は今後確認していきます。

数人で囲い込んでのボール狩り

■サイドバックとサイドハーフが囲い込むようにプレスをかけるシーン。


この局面ではボールを奪えずにサイドバックの裏のスペースを使われてしまいました。

■二人のDMFがボールホルダーを囲むシーン。

高い位置でも囲い込んでのボール狩り

■相手陣内で二人のFWがボールホルダーに突進するシーン。


ボールを奪われたら、すぐに奪い返すのは「フォアチェック」ならではの動きです。

■サイドハーフが奪われたボールをすぐに奪いにいくセンターフォワードとサイドハーフ。


高い位置で奪ってのショートカウンターが効果的となります。

躊躇しない早い寄せ

■相手フォワードにボールが渡った瞬間に潰す動きをするセンターバック。


攻撃を遅らせる動きは見せずにすぐに飛び出す動きが目立ちます。

全体が寄りがちのポジショニングとなりますので、ボール奪取をするシーンも多くなります。

■DMFに追われながらドリブルで運ぶ相手を正面から飛び出して潰すセンターバック。


今回は低めのライン設定にしているのでボールを運ばれている間はリトリートの動きをしますが、そこからのセンターバックが飛び出す場面が多くなります。

フォアチェック、アグレッシブ、中央の守備まとめ

■今回の設定での特徴

・高い位置から積極的にプレスをかける守備

・数人で囲い込むような守備

・ボールを奪われたら、近くの選手がすぐに奪い返す動きをする

・攻撃を遅らせる動きはほとんどなく、躊躇しないで寄せにいく守備

■他の設定との比較

追い込みエリア:中央」の「フォアチェック、セーフティー」と比較すると、高い位置へのプレスや囲い込んでのプレスなど同じような守備スタイルとなります。

ただ、「フォアチェック、セーフティー、中央」のときは腰を落として攻撃を遅らせる動きをするシーンもあったのですが、今回の「フォアチェック、アグレッシブ、中央」では、攻撃を遅らせるような守備をするシーンがほとんどありませんでした。

「フォアチェック、セーフティー、中央」では、遅らせる動きを挟むため、結果的に寄せが甘くなったり、連動したプレスにならないこともあり、パスをつながれるシーンが目立ちました。

でも、今回の設定ではボールホルダーにすぐに寄せていくので守備が堅くなった印象を受けます。

今回の戦術を使用した試合動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする