【ウイクラ攻略】リトリート、セーフティー、中央にしたときの守備特徴

守備戦術に関わる項目の組み合わせをすべて試して、それぞれの動きの違いを確認する企画。

今回は「リトリート、セーフティー、中央」にしたときの動きの違いとなります。

使用したシステム、戦術

システム:デフォルトの4-4-2

※ボランチはDMFにしています。

※プレースタイルで動きが変わらないようにプレースタイルは全て外しています。

戦術設定:守備の局面が増えるように「ディフェンスライン:低い」「守備人数:多い」、選手の動きがわかりやすいように「コンパクトネス:広い」にしています。

※コンパクトネス、フォーメーションによっても守備の印象は変わると思いますが、今回は「動きの違い」だけに焦点を当ててみます。

リトリートでの4-4守備ブロック

■基本的な守り方は「リトリート、セーフティー、サイド」のときと同じように自陣エリアにリトリート(退却、撤退)して4-4守備ブロックを作る形となります。


上の画像のように、自陣エリアに撤退して4-4守備ブロックでの「網を張って待ち受ける守備」は「サイド」のときと変わりません。

中盤の守備

■基本的には間合いを取りながら縦への侵入コースを塞ぐような守備となります。


この守備方法は「リトリート、セーフティー、サイド」でも、よく見られた形ですね。

積極的な守備

■サイドのときよりも積極的に寄せる動きが増えたような印象です。


サイドのときは「中盤が攻撃を遅らせてFWがプレスバックをする」動きが多かったのですが、今回は中盤の選手が積極的に寄せる動きが増えた印象です。

でも、明らかに違うというよりは「そのような傾向がある」ぐらいの差でした。

囲む守備

■近くの選手で囲むような守備も増えたような印象です。


こちらもはっきりとした違いではなく、そのような傾向があるレベルの差です。

囲む守備により、穴ができる。

■積極的に前に出る守備により、守備ブロックに穴ができるシーンもありました


ボランチが前に寄せる動きをする→かわされたことにより空いたスペースをセンターバックが前に出て埋める→さらにかわされてセンターバックが空けてしまった危険なスペースを狙われるシーンとなります。

リトリートをして引く動きが基本となりますので、寄せるタイミングが遅れているような印象を受けました。

もちろん、ラインの高さやコンパクトネスも関わりますので一概には言えませんが、チームの守備コンセプトが若干ちぐはぐになってしまった局面ではあります。

リトリート、セーフティー、中央の守備まとめ

基本的には「リトリート、セーフティー、サイド」のときとほぼ同じような守備スタイルという印象を受けました。

試合動画を何度も見返して比較してみましたが、今回録画したそれぞれの試合に限っては

はっきりとした明確な違いを確認できません。

積極的な寄せが増えたような印象もあるのですが、戦術オプション選択時の説明動画にあるような「中央に追い込んで、苦し紛れのパスをインターセプトする」というような動きは、この試合では確認できませんでした。

考えられる要因として

リトリートをすることにより、前に出てプレッシャーをかける動きを作れない

のかもしれません。

※今回の試合は「ライン:低い」「コンパクトネス:広い」でしたので、それぞれを「普通」にて比較もしてみたのですが、その試合でも明確な差は確認できませんでした。

今回の戦術を使用した試合動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする